2011年11月21日

朴ミンギュさんの5回目の命日

ブログ用朴さんどてら.jpg今日11月21日は、朝鮮人被爆者であり、資料館にとって大切な存在だったパク・ミンギュさんの5回目の命日です。

朴さんの孫娘のようだった、資料館スタッフまるふくさんが、現在留学中のフィリピンから、パクさんの命日にと、写真と思いを寄せてくれました。
(写真は、どてらを着て、大好きだったタバコをおいしそうにくゆらすパクさん)

**********************************
スタッフまるふく@フィリピンです。
私達の資料館では、日本の加害の歴史について様々な資料を展示していますが、展示のメインのひとつが朝鮮人被爆者に関するものです。原爆が投下された当時、長崎には多数の朝鮮人労働者がいました。強制的に連れてこられた人も少なくありませんでした。岡正治さんら市民の調査で、そのうちの約2万人が被爆、約1万人が死亡したことがわかっています。このブログをご覧になられる方ならすでにご存知かもしれませんが…。
私は10年くらい前に来館者として資料館に行くまで全く知りませんでしたよ!本当にショックでした。

前置きが長くなりました。11月21日は、朝鮮人被爆者であり、被爆体験の語り部であり、朝鮮人被爆者協議会の会長でもあった朴ミンギュさんの命日です。朴さんは、私達の資料館にとっても、とても大切な方でした。2006年にお亡くなりになってから、「朴さんがいてくださったら」と思うことが何度もありました。
続きを読む
posted by toratanu21 at 00:44| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

資料館第16年度総会開催

small.png今年も、資料館総会の時期になりました。

会員の皆さま、万障お繰り合わせの上、ぜひご出席ください。

日時:11月23日(水・祝)14:30〜16:30
場所:教育文化会館4階 401会議室

資料等は既にお手元に郵送されていると思いますので、各自、それをお持ちください。
また、やむなく欠席の場合は、委任状葉書の送付もしくは資料館まで何らかの形でご連絡をお願いします。

なお、総会の前の13:00〜14:30に、第9回日中友好・希望の翼、第11次岡まさはる記念長崎平和資料館友好訪中団の報告会を開催します。
こちらは会員以外の方も、どうぞご参加ください!

posted by toratanu21 at 21:53| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

「宗教は強制なのか、それとも共生か」〜近現代史講座第3回のご案内

「もう一度学ぼう! 日本の近現代史」連続公開市民講座第2期第3回

「宗教は強制なのか、それとも共生か」

レポーター:原 和人 (銀屋町教会牧師)

 日時:2011年11月12日(土)14時〜16時
 場所:長崎市立図書館 研修室

 ※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。
 主催&問合せ:NPO法人 岡まさはる記念長崎平和資料館(820ー5600)


【講座概要】
 世界の歴史・文化・争いは宗教なしには語れないほど、人間とは切っても切
れない関係である。その宗教には神(仏)と呼ばれる見えない大きな力の存在
がある。それを古代の人々は「something great(偉大なる何か)」とも呼ん
だ。この偉大なる何かと共存することで人間の営みは保たれ、人間同士も「共
に生きる」ことを大事にした。

 だが15世紀頃、「領土」「支配」「勝利」が国家に必要であるという観点か
ら、宗教は共生から強制へと変化する。特に大航海時代の2大大国に「見つけ
た土地はすべてその国家のもの。ただし、キリスト教を布教すること。」とい
う許可を与えたトルデシリャス条約は、宗教が現地の人々を強制的に国家に従
わせるアイテムになった。この結果、国家が宗教を利用し、宗教が国家を利用
するという図式が出来上がる。

 近代の日本もその図式に気付いていた。人を陰から強制的に動かすアイテム
として宗教は必要不可欠であり、「something great(偉大なる何か)」を利
用して植民地の人々の心を縛る。戦争においては「正しい戦争」を兵隊の心に
叩き込み、殺人を正当化した。そして、それに抵抗する者達は抹殺された。

 今回の講座では、宗教と国家が手を組んだとき、双方が持つ本来の役割が変
化し、人を強制的に恐怖で縛り、従わせるアイテムに変化し、「正しい戦争」
を強制していった経過を日本の近現代史にスポットを当て、宗教者の視点で出
来るだけ客観的にお話ししたい。



posted by toratanu21 at 00:11| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

「男子の本懐」と昭和恐慌〜近現代史講座第2回のご案内

ブログ用浜口雄幸.jpg「もう一度学ぼう! 日本の近現代史」連続公開市民講座第2期第2回

「男子の本懐」と昭和恐慌
   〜 戦間期日本の経済と社会 〜

レポーター:木永勝也さん

日時:2011年10月8日(土)14時〜16時
場所:長崎市立図書館 研修室

※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。



講座概要を読む
posted by toratanu21 at 23:40| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

映画「ヒロシマ・ピョンヤン〜棄てられた被爆者〜」上映会ご案内

finger.jpg皆さま

岡まさはる記念長崎平和資料館では、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
で暮らす被爆者をとりあげた映画「ヒロシマ・ピョンヤン〜棄てられた
被爆者〜」上映会を開催いたします。
国交がないということを理由にいまだ放置されている被爆者のおかれて
いる状況を、この映画により、広く知っていただければと思います。

「ヒロシマ・ピョンヤン〜棄てられた被爆者〜」上映会

日時:2011年10月2日(日)
    開場13:30 上映開始14:00〜 (上演時間90分)
場所:メルカつきまちホール
  (長崎市築町3-18、中央橋バス停近く)
料金:一般1000円 学生500円

●ヒロシマ・ピョンヤン予告編 日本語
http://www.youtube.com/user/itohtakashi#p/a/u/2/nkFsAlJTALU
朝鮮民主主義人民共和国の平壌(ピョンヤン)市で暮す李桂先
(リ・ゲソン)さん。広島の母親から被爆の事実を告げられたのは
2004年になってからだった。
広島と平壌・・・。遠く離れて暮しながらも、互いの健康を気づかう
母と娘。映画は、誰も予想しなかっ-た結末で終わる。

●公式サイト
http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html
(写真は公式サイトより)
posted by toratanu21 at 21:26| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

「関東大震災をめぐる社会のありさま」近現代史講座第2期第1回のご案内

皆さま

岡資料館企画「もう一度学ぼう! 日本の近現代史」連続公開市民講座は、おかげさまで大好評をいただき、毎回多くの参加者を得て、多くの活発な意見交換がなされています。

そしてまた、この秋より、第2期の講座を開始いたします。
第1回は「関東大震災をめぐる社会のありさま」です。
大地震が起きたとき、その混乱と不安のなかで、一体何が行われたのか。
その意図は何だったのか。人々はどう考えどう動いたか。
東北大震災、大津波そして原発事故という、まさに再び「国難」のいま、私たちがあらためて知らなければならない歴史です。
ぜひ多くの方、ご参加ください。

**************************************************
もう一度学ぼう! 日本の近現代史 第2期 
第1回 関東大震災をめぐる社会のありさま
レポーター:葛西よう子

 日時:2011年9月10日(土)14時〜16時
 場所:長崎市立図書館 研修室

 ※どなたでも自由に参加できます。
  参加費(資料代):各回300円(7回通し共通券:1500円)

 ※毎回、参加者相互の意見交換を予定しています。
講座概要と全回案内を読む
posted by toratanu21 at 20:46| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

2011年長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会メッセージ

ブログ用高實さんと追悼碑.JPG報告遅くなりすみません。

8月9日早朝7時半より、長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼集会が、爆心地公園にある追悼碑前で開催されました。参加者は200名ほど。

今年も、昨年と同じく朝鮮総連長崎県本部委員長の金鐘九さん、元韓国原爆被害者協会会長の郭貴勲さんのあいさつ、また、李太宰さんの心にしみるアリランの笛の演奏や韓国の学生たちの紹介等がありました。

いまだ手をさしのべられていない北朝鮮の被爆者、そして、十分な医療を受けられているとは言い難い状況にある韓国の被爆者について、日本へ投げかけられる問い、そして残された時間の重みは、毎年毎年、増していきます。


ブログ用カクキフンさん.JPG

ブログ用演奏するイテジェさん.JPG

ブログ用イテジェさんと韓国高校生.JPG
早朝集会メッセージをよむ
posted by toratanu21 at 17:01| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

徐正雨さん10年目の命日と、新刊「軍艦島に耳を澄ませば」ご紹介

今日、8月2日は、在日韓国人で被爆者であった徐正雨(ソ・ジョンウ)さんが2001年に急逝されてから、10年目の命日です。
14歳で強制連行され、長崎港沖の端島(軍艦島)の海底炭坑で強制労働、そして三菱造船所での被爆。
その後も体調不良と経済的困難にくるしみながら、「青春をかえせ!健康をかえせ!差別をなくせ!」と、日本政府、三菱、そして日本人の差別とたたかい続けた、壮絶な人生でした。
※徐さんについては、追悼文集「その誇り高き人生」(頒価1000円)、また以下のサイトをご覧ください。
http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/2kai/hasima.html
  

そして今年の夏、その「軍艦島」での強制連行についての集大成ともいえる本が刊行されました。

「軍艦島に耳を澄ませば−端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記録」
長崎在日朝鮮人の人権を守る会編 社会評論社 2200円+税

軍艦島新刊表紙ブログ用.JPG

 端島の歴史から強制連行・強制労働の史実を消し去ることはできない。私たちは「軍艦島」の<世界遺産>化に反対するものではないが、戦時中の暴虐の歴史を隠蔽してその実現を図ろうとする風潮を容認することはできない。<近代化産業遺産>というとき、日本の近代化が侵略と表裏一体であったことを忘れてはならない。端島はその近代日本の縮図といって過言ではない島である。
(「刊行にあたって」より)

(内容)
第一章 端島の歴史と朝鮮人
第二章 提訴原告中国人の陳述
第三章 未知への照射 「端島資料」(端島・朝鮮人たちの死亡実態)とその解明
第四章 端島の呻き声 端島(軍艦島)炭鉱と朝鮮人労働者
第五章 端島対岸「南越名海難者無縁仏之碑」
第六章 三菱よ、朝鮮人労務者の遺骨を返せ!
第七章 三菱高島礦業所端島抗「華人労務者調査報告書」の欺瞞

7月31日発行です。
全国の書店でも取り扱いますが、当資料館でもお求めいただけます。ぜひご一読ください。

以上
posted by toratanu21 at 10:57| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7・23ユリアンさん講演会の動画です。

ユリアン講演ブログ用.jpg7月23日に開催された、ユリアン・ザンダーさんの講演会を、報告がわりに動画サイトにアップしてみました。パワーポイント使用で画面が暗かったうえ、初めて自分でやってみたので、未熟で非常に見づらいとは思いますが、どうぞご寛恕のうえ、よろしければ、お時間あるときにでもご覧ください。

(1)ユリアンさん講演(1)日独の歴史教育の違いや岡資料館について (9分44秒)
http://www.youtube.com/watch?v=wibAJqVWEBU

(2)ユリアンさん講演(2)ドイツの原発、エネルギー政策について(7分33秒)
http://www.youtube.com/watch?v=-MKF-zDaxvc

以上
posted by toratanu21 at 10:14| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

8月8日(月)も開館します!!

皆さま

今年のナガサキの8月は、7日が日曜日、8日が月曜日、9日が火曜日にあたります。
で、8日はいつもなら休館日の月曜日ですが、もちろん開館させていただきますexclamation×2


そして、翌日9日の朝7時半からは、恒例の「長崎の朝鮮人被爆者追悼早朝集会」が、爆心地公園脇の追悼碑の前で開催されます。これは、岡まさはる記念長崎平和資料館の母体である「長崎の在日朝鮮人の人権を守る会」の主催です。当資料館にとっても大事な集会で、毎年多くの国内外からの参加があります。

そしてその後、10時からは、同じく爆心地公園において、長崎の市民ネットワークによる「ピースウィーク市民集会」が開催されます。ぜひ、上記早朝集会とともに、こちらもご参加ください晴れ
posted by toratanu21 at 19:13| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回「岡正治さんに学ぶ会」ご案内

burogu岡さん2.jpg皆さま

18日には「岡正治さんに学ぶ会」が開催されます。

どんなに被爆時の状況を克明に説明しきれても、証人がいないと
信用してもらえないと、昨日、韓国人被爆者の方が提訴されました。
今も延々と続くこうした日本の差別政策を、早い時期から指摘し闘って
きた岡正治さんに学ぶことはあまりに多く、尽きることがありません。
ぜひ皆さま、ご参加ください。

日時:2011年7月18日(祝・月)14:00〜16:00
場所:岡まさはる記念長崎平和資料館 3階会議室
長崎市西坂町9−4(駐車場はありません。)
参加費:無料 どなたでも自由に参加できます。
資料館を見学される場合は入館料(一般250円・学生150円)をお願いします。
案内を読む
posted by toratanu21 at 17:59| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

ユリアンさん長崎最後の講演会開催!

東日本大震災と福島第一原発事故、その未曾有の事態により一時帰国を余儀なくされたユリアンさんは、「長崎にでもう一度働きたい!」と、熱い思いで戻ってきてくれました。
その彼の、長崎での最後の仕事がこの講演会です。どうぞご参加ください!

日時:2011年7月23日(土)14:00〜16:00
場所: 長崎県教育文化会館 401号室
     長崎市筑後町2-1(長崎駅から徒歩5分)
入場料:無料
主催/問合せ:NPO法人 岡まさはる記念長崎平和資料館
TEL/FAX 095−820−5600(月休)
MAIL tomoneko@land.linkclub.or.jp

ゆりあん.jpg
呼びかけ文を読む
posted by toratanu21 at 22:07| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

ユリアンさん復帰します♪

皆さま

お待たせしました。
ドイツに一時帰国していたユリアンさんが復帰します♪

6月27日に来崎し、28日から勤務に復帰します。
7月23日まで資料館で働き、8月6日に帰国予定です。

そして、7月23日には最後の仕事として、講演会が開催
されます。詳細はまたお知らせしますが、ぜひ、また
資料館で、ユリアンさんとの交流を深めてくださいね!!
ブログ用ザンダーさん2.jpg


posted by toratanu21 at 01:25| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

ユリアンさんが急きょ一時帰国となりました。

皆さま

当資料館で良心的兵役拒否代替業務に就いているユリアンさんが、明日(3/15)から一時帰国することになりました。
以下、会員の方へ高實理事長よりのメールです。

*******************
皆様 大震災の惨状に胸が痛みます。資料館の会員のなかにも被害に遭われた方がおられるに違いありません。心からお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧を祈るばかりです。
良心的兵役拒否のドイツ青年たちは、広島に集まって研修中でしたが、昨日遅く全員の一時帰国を決定したそうです。ドイツ政府との協議によるものと思われます。そこで、ユリアンさんも急遽15日(火)に長崎を発つことになりました。一時帰国の期間は未定ですが、本人によれば恐らく1〜2カ月とのことです。午前8時30分に駅前のバスセンターから出発しますので、都合のつく方は見送りをお願いいたします。以上、取り急ぎ、緊急のお知らせかたがたお願といたします。高實

以上

posted by toratanu21 at 14:30| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

近現代史連続講座第7回 「国民国家の形成とメディア」ご案内


らじお2.jpg■もういちど学ぼう!日本の近現代史連続講座
 第7回 「国民国家の形成とメディア」

講師:草野十四朗さん(活水高教諭)
期日:3/12(土)14:00から16:00
 場所:長崎市立図書館研修室
 資料代:300円

【講座概要】
 近代日本の最大の課題は、国民を政治的文化的に統合する国民国家の創成であった。そのため、「国旗」・「国家」・「式典儀礼」・「唱歌」などの疑似伝統メディアが導入され、近代的統治システムである国民国家を、日本古来の「伝統」と誤認させることに寄与した。
 近代は、ニューメディアの時代でもあった。新しいメディアは新しい時代を生む。「瓦版」が「新聞」に、「錦絵」が「写真」に進化して新たな役割を担う一方、「電信」・「映画」・「ラジオ」は、かつてない表現・伝達手段として、新たな文化と政治状況を生んだ。
 たとえば、日清戦争後に生まれたばかりの「映画」は、日露戦争にいたる好戦気運を新聞とともに後押しする。また、第一次世界大戦後に訪れた大衆文化(出版・音楽・大衆芸能)の繚乱は大衆の「国民化」を促し、ファシズムにいたる隠れた要因を作ることになる。こうして昭和に入り、多様化したメディアはそれぞれ棲み分けながらも、相互に影響しあいつつ、戦時体制への国民の参加を準備していく。
 今回は、紙芝居や浪曲にいたるまで、様々なメディアやメディア・イベントを掘り起こし、今日にいたるメディアと政治の関係について検討を加えたい。
posted by toratanu21 at 00:58| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

日本の近現代史講座第6回「宗教は良薬か毒薬か」ご案内


ma_1bible2a.gifもう一度学ぼう! 日本の近現代史 第6回
宗教は良薬か毒薬か

レポーター:原 和人(岡資料館理事・牧師)

【講座概要】

今回の講座の中心は3つ。
@「宗教は人を生かしも殺しもする」
A「宗教は階級制度(ヒエラルキー)が確 立し、指導者が右を向けば信者は
 右を向く」という恐ろしさ
B宗教が良薬になる要件と毒薬になる要件

 よく人は言う、「宗教は人を生かしも殺しもする」。確かにその通りである。宗教は人を救う。だが、それが悪しき方向に働くと、人を殺してしまう。
多くの宗教の教義は素晴らしいものが多い。その教義が具現化されれば、世界はバラ色になるかもしれない。
 その教義が正しく説かれているときは問題ない。問題は、宗教にある力が介入して良からぬ方向に向かせてしまうときである。または人自らが良からぬ方向に向かせるために宗教を創り出してしまうときもある。
 また、宗教は次世代に存続しなければならない。そのためには国家との関係が不可欠になり、その関係の中で戦争協力をした宗教が数多くあることを忘れてはならないであろう。
 宗教は国家とは切り離されてこそ、その真意を輝かせることが出来る。だからこそ政教分離は必要である。そして宗教は平和の見張り役であるべき。今回は近代における宗教の問題を具体的な事例を取り上げて共に考え、近現代で宗
教が犯した責任と問題性について触れていきたい。

 日時:2011年2月12日(土)14時〜16時
 場所:長崎市立図書館 研修室

 ※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。
posted by toratanu21 at 00:01| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

ユリアンさんとの交流会ご案内


ユリアン1月市民交流会チラシ.pdf☆NPO法人 岡まさはる記念長崎平和資料館 年始企画☆

ドイツ人兵役拒否者と市民の交流会

〜ユリアンと語ろう!〜

日時:2011年1月22日(土)14:00〜16:00
場所:岡まさはる記念長崎平和資料館 3階会議室

 兵役制度やドイツの歴史教育など、ドイツ人青年と直接話し合える貴重な時間になることと思います。お気軽にご参加ください♪
案内を読む
posted by toratanu21 at 10:33| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

資料館の冬休み


07_nabe01s.gif皆さま

師走も半ばですね。

今冬の年末年始の休館日は

12/26(日)〜1/5(水)

です。
どうしてもこの期間中、「資料館を見ずにはおれない!」という方、事前にメールでご相談ください。(休館中は電話もFAXも基本的に通じませんので悪しからず)かわいい



posted by toratanu21 at 00:45| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

第10回南京大虐殺生存者長崎証言集会ご案内

第10回長崎と南京を結ぶ集い〜南京大虐殺生存者長崎証言集会

日時:2010年12月12日(日)14:00〜16:00
場所:長崎県教育文化会館2階大会議室 長崎市筑後町2-1(長崎駅から徒歩5分)
入場料:一般 1000円/学生 500円

●証言者/程王氏さん(写真上)
1928年2月生まれ、女性。当時は南京郊外の村に家族と住んでいた。村の男性達とともに父親が日本軍に斬り殺されるのを目の当たりにした。その後、村が放火されて避難する途中、遭遇した日本軍に妊娠中の母親が撃たれて亡くなった。今回、お孫さんの付き添いで来日。

ブログ程王氏グレー.jpg

●講演者/謝紅霞さん(写真下)
1975年生まれ、南京大虐殺記念館展示工作処接待科副科長。参加者が南京大虐殺の全体像を正確につかめるよう、記念館の豊富な資料をもとにプレゼンテーションを行う。南京城内の各大虐殺現場の詳細や、当時の南京市の人口等にも言及される予定。

ブログモ紅霞−2.jpg



集会案内を読む
posted by toratanu21 at 00:03| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

もう一度学ぼう! 日本の近現代史 連続講座(第4回)


コーヒー.jpg好評を博しております近現代史連続講座ですが、今回の講師は、長崎の女性史研究でも著名な葛西よう子さんです。
ぜひ、ご参加ください。

********************
もう一度学ぼう! 日本の近現代史 連続講座(第4回)

12/11(土)14:00〜16:00
場所:長崎市立図書館研修室
内容:大日本帝国は一等国になったのか
レポーター:葛西よう子さん
参加費(資料代):300円

講座概要を読む
posted by toratanu21 at 20:43| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする