2013年10月08日

近現代史講座第4期第2回「原爆と原発ーその『受忍』と『平和責任』」ご案内

近現代講座第二回ブログ用_R.jpg皆さま

近現代史講座第4期第2回のご案内です。
今回は核について議論するとき、必ず出てくる「核抑止論」や「受忍論」を、どのような論理で超えていくことができるのか、共に考えていきたいと思います。
ぜひご参加ください。

***********************************
もう一度学ぼう! 日本の近現代史講座 第4期第2回
原爆と原発ーその「受忍」と「平和責任」
レポーター:高橋眞司さん 

【講座概要】
 かつて、アメリカのAP通信社がまとめた20世紀の十大ニュースの第一位にあげられたのはヒロシマ・ナガサキへの原爆投下であった。これによって、人類史は歴史の新しい段階、核時代へ移行したといえるからである。ところで、原爆投下が必要であったかどうかについては、さまざまな議論がある。
 映画「プラトーン」や「JFK」の制作で世界的に知られるオリバー・ストーン監督は、昨年「もう一つのアメリカ史」と題する全10回のドキュメンタリー映画を制作し、そのなかで原爆投下をあつかった。そうして、この夏、長崎を訪問し、超満員の聴衆をまえに「原爆投下は必要でなかった」ことを力説した。
 他方、3・11を経験した私たちは、核時代は、原爆と原発、すなわち、核兵器と「原子力の平和利用」としての原発の両者からなり立っていることを痛いほど思い知らされた。

 この講座では、核時代を推進し、核兵器と核実験、核施設を受容させ存続させる論理【核抑止論】と、原爆被害、ならびに原子力発電所の稼働と原発事故の被害をふくむ、あらゆる核被害を堪え忍び受忍させる思想【受忍論】を、核時代の「文化的暴力」としてとらえ、それらを平和に対する権利と【平和責任】の観点から批判的に検討することを試みる。

 日時:2013年10月12日(土)14時〜16時
 場所:長崎中央公民館 視聴覚室

 ※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です
 ※通し券(8回分・1800円)も岡資料館にて販売しております。
 ※全講座日程・内容については、お手数ですが下記ページをご覧ください。
日本の近現代史講座4期全体.cwk (DR).pdf


以上
posted by toratanu21 at 23:10| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

第11回《日中友好・希望の翼》帰国報告会ご案内

皆さま

今夏も若き希望の翼がまた中国での交流を深めてまいりました。
ぜひ、報告会にご参加ください!

(以下、案内より)
************************************
第11回《日中友好・希望の翼》帰国報告会
− 第13次岡まさはる記念長崎平和資料館友好訪中団 −

今年は南京大虐殺76年目を迎えます。当資料館では第13次友好訪中団を友好提携関係にある南京大虐殺記念館に派遣します。また、その一環として、今年は真の日中友好のために《日中友好・希望の翼》として若い世代を派遣することにします。今年は長崎大学2年生の女性が参加します。
 今回は、南京途上の常州において日本人がこれまで訪れたことのない虐殺の地を訪問します。中国大陸への全面戦争を展開した日本軍は、南京へ向かいせん滅作戦を展開し、常州では中国農民たちを焼き尽くし殺し尽くし奪い尽くし生活そのものを破壊しました。南京では、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館見学、追悼集会、新しい虐殺跡地の見学、これまで来日された大虐殺幸存者、ご家族たちとの交流会を行います。また、南京大学の学生と交流し、現地で受難者からの聞き取りを行います。虐殺が行われた現地に立ち、幸存者のお話を聞きます。
相手の顔が見える交流ほど友好の絆を深めるものはありません。《日中友好・希望の翼》として派遣した学生がこの旅で何を感じ、何を考えたか、帰国報告会を行います。《日中友好・希望の翼》の体験が歴史を踏まえた未来の信頼関係を築きあげる原点となることを信じています。若い世代が見て、感じた中国の旅の報告会です。ぜひお越しください。

日 時 : 2013年10月5日(土)14時〜16時   
場 所 : 長崎県教育文化会館(長崎市筑後町) 401
※入場無料です。どなたでも参加できます。

以上
posted by toratanu21 at 23:14| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

日本の近現代史講座第4期第1回「アジア・太平洋戦争の罪」ご案内

近現代史講座4-1ブログ用.jpg
皆さま

好評をいただいている岡まさはる記念長崎平和資料館企画、「もう一度学ぼう! 日本の近現代史」第4期がいよいよスタートいたします。
今期はこれまで以上に濃い講座がずらりと予定されております。
ぜひ、一緒に学んでいきましょう!

*********************************
もう一度学ぼう! 日本の近現代史 第4期 第1回

アジア・太平洋戦争の罪
〜大東亜共栄圏の“夢”と失望〜

レポーター:木永勝也 
【講座概要】
1941年12月8日のマレー半島コタバル上陸からはじまった戦争は、当時「大東亜戦争」と呼ばれた。それは東南アジアの一部や西太平洋地域の島々をふくむ地域に「大東亜共栄圏」という、当時の“夢”の実現を目指した戦争でもあったからだ。「自存自衛」のための資源・物資確保という身も蓋もない戦争目的のかたわらで、欧米の植民地主義とは異なる理念をめざして、「大東亜新秩序」を「建設」するという目的が占領地であるいは日本国内で語られ、そうしたアジア解放の“幻想”に日本人のいくらかが、またアジアの人々もとりつかれた。
“幻想”のもとで各地にもたらされた人的被害や経済的被害は膨大なものだった。虐殺や略奪といったことだけでなく、占領地での日本軍の自足自給というありかたは、通貨政策ともあいまって経済活動の混乱をもたらした。さらに占領地各地の生活習慣、宗教、言語など文化的・精神的な面への被害もあった。そうしたアジア・太平洋戦争が各地の人に与えた様々な被害の実情を概観してみよう。
また、「大東亜共同宣言」(1943年)に見られる「独立」という“夢”は占領地ほか各地に様々な「親日」派を生みだしたし、困惑や“失望”をももたらした。取り憑かれた人々は日本国内だけではなかった面もある。そうした人々の期待と幻滅という視点からも、「大東亜戦争」と呼んだ意味を考えてみよう。

 日時:2013年9月14日(土)14時〜16時
 場所:長崎中央公民館・研修室5(長崎市民会館正面入口を右)
 ※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です
 ※通し券(8回分・1800円)も岡資料館にて販売しております。
 ※全講座日程・内容については、下記をご覧ください。
日本の近現代史講座4期全体.cwk (DR).pdf
 

posted by toratanu21 at 00:27| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

2013年長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会報告

今年も、猛暑の朝に、長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会が開催されました。

昨年と同じく朝鮮総連長崎県本部委員長の金鐘九さん、また、韓国原爆被爆者二世の会会長の李太宰さんの静かな笛の音と韓国の学生たち。

P8091026_R.JPG

P8091028_R.JPG

P8091029_R.JPG

今年はさらに、パレスチナで闘うマーチン・クムシエ教授夫妻の連帯の挨拶がありました。

マーチン・クムシエさんは、パレスチナのベツラホール出身のパレスチナ人活動家です。
パレスチナの大学を出た後、アメリカに移住しイエール大学の教授となりましたが、パレスチナの独立とイスラエルの占領と闘うため永住職の権利を捨てて再びパレスチナに舞い戻り、非暴力抵抗運動でイスラエルと闘っています。
P8091031_R.JPG

ジェシー・クムシエさんは、マーチンさんのお連れ合いで、台湾出身です。
アメリカに留学中、マーチンさんと知り合い、結婚。その後、一緒にパレスチナに戻り、共にイスラエルの占領政策に対し非暴力抵抗運動で闘っています。
P8091037_R.JPG

お二人はそれぞれ、パレスチナをはじめとする被抑圧者への連帯と、お互いの人権を守ろうと呼びかけられました。

集会の最後に、高實代表によるメッセージが読み上げられ、日本政府の無責任さを鋭く指摘しました。


メッセージを読む
posted by toratanu21 at 21:22| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

「慰安婦」コーナー、プチリニューアルしました!

8月に入り、「慰安婦」コーナーの壁面、「慰安所」マップ、また年表、それから国内外の意見書等のファイルなどをリニューアルいたしました。「慰安婦」制度は明確に強制であり、またこの議論は既に国際社会でも決着が付いていることが分かるものとなっています。
ぜひ、ご覧ください。

P8040978_R.JPG

P8040981_R.JPG
posted by toratanu21 at 01:28| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

徐正雨(ソ・ジョンウ)さん12回目の命日

軍艦島の堤防の上で証言する徐さん.jpg
8月2日、今年も、徐正雨さんの12回目の命日がやってきました。

いまやストリートビューなどで世界にその存在を知られるようになった端島(軍艦島)。
しかし、別名「監獄島」とも呼ばれるその隔絶された島では、今や見ることがかなわぬ地の底で、過酷な労働に苦しめられた人々の存在がありました。

その証人であったのが、徐正雨(ソ・ジョンウ)さん。
徐さんは軍艦島(端島)に14才で強制連行され、海底炭鉱で苛酷な労働を強いられました。
その後、長崎市内の三菱造船所で被爆、その後も生活苦と強制労働や被爆による病苦に苦しみ、「青春をかえせ!健康をかえせ!差別をなくせ!」と、日本政府、三菱、そして日本人の差別とたたかい続けた、壮絶な人生でした。
私たちは、徐さんの叫びを、慟哭を、忘れることはできません。また、忘れてはなりません…。

※徐さんについては、追悼文集「その誇り高き人生」(頒価1000円)、また以下のサイトをご覧ください。
http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/2kai/hasima.html

また、軍艦島への強制連行、強制労働については
「軍艦島に耳を澄ませば−端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記録」長崎在日朝鮮人の人権を守る会編 社会評論社 2200円+税
http://www.shahyo.com/mokuroku/war_peace/war_crime/ISBN978-4-7845-1506-6.php
をぜひ、ご一読ください。(当資料館でも販売しております)


posted by toratanu21 at 00:50| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

7月15日は開館します!

ギリギリでこれまた大変すみませんあせあせ(飛び散る汗)

7月15日は月曜ですが、海の日で祝日ですので、臨時開館いたしますかわいい
連休の最後、ぜひ、当資料館に来館くださいひらめき

posted by toratanu21 at 09:00| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9回 岡正治さんに学ぶ会 ご案内

岡さん.jpg

皆さま 

ご案内が遅くなり、すみません。

今年も岡正治さんに学ぶ会が開催されます。
橋下大阪市長の「慰安婦」問題発言や在特会の動き、また、維新の会や好戦的な安倍内閣による周辺諸国とのきしみ等々、岡正治さんが生きておられたら、どのように考え、動かれたでしょうか。

今回は、長崎でずっと、原爆と平和、反差別等について骨太の報道をし続けておられる関口達夫さんに、お話を伺うことになりました。
ぜひ、多くの方、ご参加ください。

日時:2013年7月14日(日)14時〜16時
場所:岡まさはる記念長崎平和資料館 3階 会議室
     長崎市西坂町9−4(駐車場はありません)
参加費:無料 どなたでも参加できます
     ※資料館を見学される場合は入館料(一般250円・学生150円)が必要です
主催/連絡先:NPO法人 岡まさはる記念長崎平和資料館

※写真は、ありし日の岡正治さん。     


案内を読む
posted by toratanu21 at 08:53| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

中国人原爆犠牲者追悼式/説明板除幕式 ご案内

IMG_3296_R.JPG皆さま

平和公園内に建立されている中国人原爆犠牲者追悼碑に、やっと説明板が設置されました。説明文には、きちんと強制連行されたという歴史的事実が記されております。(説明文は下記をご覧ください)
日中関係がさまざまな部分できしみをみせている今こそ、追悼碑にきちんとこのような説明がなされ、後世に残せることには大きな意義があります。

ぜひ、追悼式および除幕式にご参加ください。

************************************
中国人原爆犠牲者追悼式/説明板除幕式

・日時:7月7日(日) 午前10時30分〜11時30分
             (午前10時から受付を行います)
・場所:長崎平和公園 平和の泉横 中国人原爆犠牲者追悼碑 前
             (平和祈念像に向かって右側)

・主催:『浦上刑務支所・中国人原爆犠牲者追悼碑』維持管理委員会
     代表 本島 等
    長崎市筑後町2−1、教育文化会館4階平和活動支援センター気付
       (電話・FAX 095−822−5253)


集会案内と説明板記載文を読む
posted by toratanu21 at 19:32| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

米CNNでも当資料館が採り上げられました!

P4210636.JPG

 アメリカのニュース専門TV局CNNが、5月29日付で、当資料館と理事長のコメントも含めた動画のニュースレポートを配信しています。英語ですが、橋下市長の「慰安婦」暴言が、日本のナショナリズムへの懸念を引き起こす、というような内容です。ぜひ、ご覧ください。

http://edition.cnn.com/2013/05/29/world/asia/japan-nationalism-comments/

※写真は「慰安婦」コーナーの一部。
posted by toratanu21 at 17:19| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

橋下市長の「慰安婦」問題発言への抗議オンライン署名

皆さま

橋下市長の「慰安婦」問題発言への抗議オンライン署名にもご協力ください。
3分もかかりませんので、よろしくお願いします。(転載歓迎)

http://urx.nu/449J

(この短縮URLでうまくいかないときは、抗議文の下に正式なものを張り付けておりますので、そこから入ってください)

************************************

橋下市長! 日本軍「慰安婦」問題へのたび重なる暴言に、断固抗議します

Petition by

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



抗議文を読む
posted by toratanu21 at 09:07| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

春のゴールデンウィーク開館予定です。

皆さま

遅くなりまして大変申しわけありませんあせあせ(飛び散る汗)
既に連休に突入してしまいましたが、当資料館開館予定お知らせです。

4/29はお休み ですが、しかし、5/6は開館いたしますexclamation×2

その他はいつもどおり開館しておりますので、ぜひ、ご来館くださいませひらめき


posted by toratanu21 at 10:54| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

「アジア・太平洋戦争の始まり」近現代史講座第7回ご案内

近現代史3−7ブログ写真.jpg皆さま

近現代史講座第7回のご案内です。

誰が、どのような目的であの無謀な戦争をはじめたか。それはどのように正当化されていたのか。
いま再びだまされ、巻き込まれ、さらに加担する立場に立つことのないよう、知っておかねばならない歴史の事実を学び、検討しあいましょう。

(以下、案内より。転載歓迎・重複すみません)
**********************************

もう一度学ぼう! 日本の近現代史 第3期 第7回
 「アジア・太平洋戦争の始まり」

レポーター:国武雅子さん(女性史研究者・岡資料館理事)

日時:2014年3月9日(土)14時〜16時
場所:長崎中央公民館(長崎市民会館正面入口を入って右)
※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。



講座概要を読む
posted by toratanu21 at 22:38| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

「1930年代の社会生活」近現代史講座第6回ご案内

ブログ近現代1930年代.gif皆さま

今回は、戦前の庶民の文化的、社会的状況や労働、生活について、多様な側面から分析がなされます。もはやそれが昔の話でも、他人事でもないと思える今、どう考え何をするべ
きか、一緒に考えていきましょう。
ぜひ、多くの方、御参加ください!


もう一度学ぼう! 日本の近現代史 第3期 第6回
 「1930年代の社会生活」〜"国家革新"と戦争の狭間で〜

レポーター:木永勝也さん(大学教員)

日時:2014年2月9日(土)14時〜16時
場所:長崎中央公民館(長崎市民会館正面入口を入って右)
※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。


講座概要を読む
posted by toratanu21 at 00:21| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

哀悼 黄錦周さん

黄さんブログ.gif
元日本軍「慰安婦」黄錦周(ファン・クムジュ)さんご逝去の報に接し、岡まさはる記念長崎平和資料館より、哀悼の辞をささげ、また2階の日本軍「慰安婦」コーナーにて、韓国での報道記事も展示いたします。


以下は当資料館理事長による追悼文です。

********************************
哀悼 黄錦周さん

 黄錦周(ファン・クムジュ)さんが、2013年1月3日、逝去されました。享年91歳でした。日本軍に人生を台無しにされた黄さんは長崎でも証言してくださり、満身の怒りをこめて日本政府に謝罪と賠償を要求されました。わたしたちは黄さんのお姿とお言葉を決して忘れません。
 恨(ハン)を晴らせないまま世を去られ、どれほど無念であられたことでしょう。わたしたちは黄さんの恨を受け継ぎ、日本軍「慰安婦」問題が根本的に解決される日まで粘り強く活動することを誓います。
 ここに、黄錦周さんのご逝去を報じる韓国の記事をファイル展示しております。願わくはご一読くださり、黄さんの苦難の生涯に思いを馳せるとともに、日本政府に謝罪と賠償を要求する運動に連帯されることを訴えるものです。

(資料館2階 日本軍「慰安婦」コーナーの紹介)
http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/2kai/ianfu.html 

[3日午後、釜山のある療養院で逝去...5日に望郷の丘に安葬
[オーマイニュース   3.01.03 18:15 ]
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001821344



続きを読む
posted by toratanu21 at 20:22| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

「ファシズムはこうして生まれた」近現代史講座 第3期第5回

近現代史講座第3期第5回写真.GIF

皆さま

今年も、岡まさはる記念長崎平和資料館へのご支援ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の資料館企画第1弾は、近現代史講座第5回「ファシズムはこうして生まれた」です。
自民党が敵失により政権を奪回したこの時期、今こそ歴史をじっくり分析し、二度とふたたび向かわせてはならない方向について、私たち民衆がきっちり押さえておく必要があります。
今まさに知っておくべき歴史の事実を、ぜひ一緒に学び、考えましょう。

もう一度学ぼう! 日本の近現代史
第3期 第5回

「ファシズムはこうして生まれた」

ヒトラーは選挙に勝って政権を握った。なぜ多くの人びとは彼を支持したのか?
ファシズムを生んだ当時のヨーロッパの状況を探る。

レポーター:門更月さん(高校教員)

日時:2013年1月12日(土)14時〜16時
場所:長崎中央公民館(長崎市民会館正面入口を入って右)

※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。


講座概要を読む
posted by toratanu21 at 23:22| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

2012〜2013年資料館の冬休み

皆さま

資料館の冬休みは、
12/27(木)〜1/7(月)です

もしも上記期間中、何としても資料館に行きたいexclamation×2という方は事前にメールでのご連絡をお願いしますかわいい
お休みの間、電話もファックスもたまにしか受け取れませんのであしからずあせあせ(飛び散る汗)
メールアドレスは tomoneko@land.linkclub.or.jp までるんるん


posted by toratanu21 at 00:58| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

第12回長崎と南京を結ぶ集い ― 南京大虐殺生存者長崎証言集会 ―

ブログ 2012年南京集会証言者 余昌祥さん.jpg

第12回長崎と南京を結ぶ集い
―南京大虐殺生存者長崎証言集会―

 今年も12月13日が近づいてきました。1937年のこの日、日本軍は南京を陥落させ、6週間以上も、虐殺、強姦、略奪、放火等を繰り返しました。この南京大虐殺という出来事は、中国の人々、とりわけ被害者の方々にとって、深い悲しみと苦悩の記憶に結びついています。  一方、日本では、南京大虐殺を学び反省するどころか、未だに「南京大虐殺はなかった」といった主張が堂々となされている状況です。被害者は、75年前に日本軍によって生命や尊厳を奪われたうえ、現在も否定され、忘れ去られようとしているのです。
 私達はこの現状を変えようと、毎年12月に生存者の方を南京から招聘し、集会を開いています。高齢の生存者が日本で証言をされるのは精神的・肉体的に大変なことに違いありません。領土問題で日中の対立が煽られている今こそ、多くの方に、歴史の証人である生存者の声に耳を傾けていただきたいと思います。ご参加をお待ちしています。

日時:12月16日(日)14時〜16時
場所:教育文化会館2階大会議室(長崎駅から徒歩5分)
入場料:一般 1000円/学生(大・高・中)500円

◆南京大虐殺生存者・余昌祥さんの証言
 1927年生まれ。養父であった伯父と一緒に南京南部の城門付近に避難していた時、養父が日本兵に刺されて大怪我をした。実の父親が殺されたが、死体が見つかっていない。本人は虐殺の現場を数回目撃している。

◆解説:李玉栄さん(南京大虐殺記念館保管研究処保管科)
 南京大虐殺の膨大な資料を展示している南京大虐殺記念館(正式には侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)。生存者が高齢化するなか、歴史・記憶の継承や、記録・資料のアーカイブ化等、紀念館が果たす役割はより重要になっている。今回は、紀念館保管研究処保管科副課長の李玉栄さんに南京大虐殺の概要を説明していただく。なお、岡まさはる記念長崎平和資料館は、紀念館と友好館提携をしており、紀念館提供の写真資料などを展示している。

※写真は余昌祥さん


資料館メッセージを読む
posted by toratanu21 at 19:16| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「皇民化政策下の植民地 台湾と朝鮮」近現代史講座 第3期第4回

近現代史講座第4回 ブログ用.JPG

もう一度学ぼう! 日本の近現代史 第3期 第4回

皇民化政策下の植民地 台湾と朝鮮
 レポーター:新海智広さん(高校教員・岡資料館理事) 

日時:2012年12月15日(土)14時〜16時
場所:長崎中央公民館(長崎市民会館正面入口を入って右)

※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。


講座概要を読む
posted by toratanu21 at 09:29| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

「加害者と被害者の調査から南京大虐殺を見る」近現代史講座 第3期第3回

ブログ南京・引き裂かれた記憶チラシ写真.jpg

皆さま

アジアにおける日本の加害責任について最も論議が集中するのが、日本軍「慰安婦」問題と、そしてこの南京大虐殺問題です。
今回、「もう一度学ぼう!日本の近現代史」講座では、「特別拡大講座」として、この南京大虐殺の実態解明に20年以上前から取り組む活動家、松岡環さんをお招きしました。
 加害と被害の両面から詳細に調査された歴史の事実の前には、何者もその否定または矮小化をすることはできません。日中両国の溝が大きくなりつつある今こそ、「妄言」に惑わされない目を持ち、信頼関係を回復するために、松岡さんの貴重な研究、体験を皆でシェアしていきましょう。
 また今回、ニューヴァージョン『南京 引き裂かれた記憶』(ダイジェスト版)
の上映があります。ぜひ、多くの方、この講座へご参加ください!



もう一度学ぼう!日本の近現代史 第3期第3回

☆ 特 別 拡 大 講 座 ☆
加害者と被害者の調査から南京大虐殺を見る ーそして今の世も見る!ー

講演者:松岡環(まつおかたまき)さん

日時:2012年11月10日(土)14時〜16時
場所:長崎県勤労福祉会館

※どなたでも自由に参加できます。参加費1000円が必要です(通し券をお持ちの方は500円)。
※講演に先立ち、ニューヴァージョン『南京 引き裂かれた記憶』(ダイジェスト版)の上映があります。

講演者プロフィール:1947年生まれ、元小学校教員。銘心会南京友好訪中団団長、歴史研究団体「日中平和研究会」共同代表、ドキュメンタリー制作『南京 引き裂かれた記憶』『南京の松村伍長』制作、監督。

1988年より調査や犠牲者の心のケアのため、自費で80回以上南京へ足を運ぶ。
著書に『南京戦ー閉ざされた記憶を尋ねて』『南京戦ー切りさかれた受難者の魂』「戦場の街南京―松村伍長の手紙と程瑞芳日記』(社会評論社)、共著として『「慰安婦」・戦時性暴力の実態II』(「日本軍性奴隷制を裁く2000年女性戦犯法廷の記録」vol.4、緑風出版)、他に論文など多数。

松岡さんからのメッセージを読む
posted by toratanu21 at 00:37| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする