2016年09月29日

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争(講演案内)

皆さま

明日ですが、「グ・ヨンチョルさんの話を聞く会」が開催されます。
少年の目に映った当時の軍艦島はどのようなものだったか、そしてその後の波乱に満ちた日々とその思いを話していただきます。
ぜひ、この貴重な証言を聴きにおこしください。

(以下、案内より)
************************************
グ・ヨンチョルさんの話を聞く会

場所:教育文化会館 403号室
日時:9月30日(金) 午後6時〜7時30分 

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争

1939(昭和14)年、父親が働いていた軍艦島にやって来て、その後端島国民学校2年から高等科1年まで、6年間家族と共に滞在した具然普iグ・ヨンチョル)さんが71年振りに軍艦島を訪ねます。キョレハナ(民族は一つ)という団体のウルサン支部、チャンオン支部の人々と一緒に来崎します。

 朝鮮の少年に当時の軍艦島の生活がどう映ったか、その実情を話してもらえるだろうと思います。また彼は帰国後パルチザン活動をした人で、朝鮮戦争の休戦協定締結の1年後、1954年4月に釜山で逮捕、無期懲役で収監。1960年李承晩を倒した4・19民主革命により、20年に減刑、1974年釈放。その後は国家保安法と警察の監視の下で苦労してきた非転向長期囚であった人です。

 そんな意味では、韓国の戦後民衆史を担ってきた一人でもあります。韓国の民主化により、90年代になり、韓国の市民運動、組合活動家達の交流も行われ始めました。
韓国の市民運動の人は、「彼の存在は途切れた歴史を結ぶ飛び石の役割をしてくれる。荒々しい激流に沈んだ橋の基盤を支えてくれる飛び石だ」と尊敬に満ちた言葉で表現しています。

 北朝鮮の核実験、韓米(日)の軍事演習など戦争前夜の光景が伝わってきます。グ・ヨンチョルさんの話を聞き、戦後の東北アジアの歴史を振り返ることも意味あることだと思っています。


以上

posted by toratanu21 at 08:17| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

日韓市民が共に軍艦島を考える会

P9062365.JPG
皆さま
いまや長崎観光の1つの目玉ともなっている軍艦島。その世界遺産登録がなぜ物議をかもしたのか。観光客に「見せたくない」歴史を闇に押し込めておいたままでよいのか。日韓の市民が共に軍艦島を考えます。ぜひご参加ください!

日韓市民が共に軍艦島を考える会
日時:10月29日(木) 17:30〜19:30
場所:長崎教育文化会館 403室
講師:柴田利明さん(長崎在日朝鮮人の人権を守る会事務局長)
演窟:「世界遺産登録 軍艦島と朝鮮人強制動員」
講演時間:1時間(通訳も含む)、その後感想、質問、意見等の発表

主催:「日韓市民が共に軍艦島を考える会」実行委員会  
 世話人:木村英人
 事務所: 長崎平和活動センタ―   peace21@grace.ocn.ne.jp
チラシの案内を見る
posted by toratanu21 at 21:47| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

「慰安婦」ドキュメンタリー「カタロゥガン!ロラたちに正義を」上映会ご案内

leafletcover.jpg皆さま

今年で戦後70年。歴史の真実が大きな声でのデマや曲解で消されていこうとするなか、戦場で「慰安婦」とされ苦渋の生活を強いられた女性達がいたことを、あらためてしっかりと受け止め受け継ぎ、さらに現在の状況も考えていきたいと思います。当日は監督の講演もあります。
ぜひ、多くの方、この映画をご覧になってください。
(※写真は映画チラシより)
************************************
ヒューマンドキュメンタリー「カタロゥガン!ロラたちに正義を」
  女であることの不自由 −戦場で女はどうなるか−

「ロラ」とはフィリピン・タガログ語で「おばあちゃん」のこと。少女時代に戦争で性的にひどいめにあいました。ロラたちの証言を記録したドキュメンタリー(70分)を上映します。
映画上映後,竹見智恵子監督に映画に対する思いを語っていただきます。

日時:2015年2月7日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:長崎県勤労福祉会館 2階講堂
入場料:1000円(大学生以下500円) 
(長崎市桜町9−6)

●主催「カタロゥガン!ロラたちに正義を!」上映実行委員会
    長崎市筑後町2−1 市民運動ネットワーク長崎内
    FAX:095-822-4098
     ※常駐者がいないので問い合わせの場合は、氏名・連絡先をFAXしてください。

■あらすじ
 太平洋戦争が始まった頃、フィリピンはアメリカの植民地だったため、否応なく戦争に巻き込まれました。日本軍が侵攻してくると、人びとは各地で抵抗運動を展開。日本軍はそれをゲリラの蜂起と見なし、激しい弾圧を加えました。女性たちの多くも日本の軍政に反撥して、抗日戦線メンバーとして立ち上がりました。
そんな中で、若い女性たちが捉えられて「慰安婦」にされたり、ゲリラへの報復として村の女性たちが集団レイプを受けるなど、日本軍による激しい性暴力の嵐が吹き荒れました。
 90年代に入り、被害女性たちは長い沈黙を破って日本政府相手に謝罪と補償を求める闘いを開始しましたが、日本政府は、わずかなチャリティ・マネー(アジア女性基金)で責任を回避し、今も問題は解決していません。ロラたちはこのままでは自分たちいの正義は回復されないと、80才を過ぎた今も街頭デモに参加し、闘い続けています。カメラは、そんなロラたちの姿を、マニラ首都圏、ルソン島マパニケ村、レイテ島山間部の村に追いました。

◇監督/竹見智恵子  撮影・編集/中井信介  音楽/アリソン・オパオン

以上


posted by toratanu21 at 17:52| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

元長崎市長・本島等追悼「銃撃事件25年」展とシンポのご案内

説明板除幕式での李総領事と本島代表.JPG皆さま

先日起きたフランスの新聞社への襲撃は、表現の自由、言論の自由の暴力による封じ込めであり、世界じゅうを震撼させました。しかし長崎でも25年前に、市長であった本島等さんが天皇の戦争責任についての持論を曲げることがなかったため銃撃され、大きな世論が巻きおこりました。その本島さんが去年亡くなり、その追悼と共にあの銃撃事件について考える遺品展示とシンポジウムが開催されます。ぜひ展示をご覧になり、本島さんが遺していったものは何か、私たちの社会はどう変わったのか・変わらなかったのかをあらためて考えていきましょう。

(以下チラシ等より)
************************************
■元長崎市長・本島等 追悼
  「銃撃事件25年」展〜平和と民主主義は守られたか〜

 期間:2015年1月15日(木)〜19日(月)
 場所:長崎新聞文化ホール・アストピア1階展示ホール(長崎市茂里町3-1)
 時間:9:00〜17:00(初日は10:00より開会行事あり)
 入場無料

■シンポジウム
  「銃撃事件25年」を考える
 日時:2015年1月18日(日)13:30〜
 場所:教育文化会館大会議室
 参加費:500円

 「天皇の戦争責任はあると思う」と言った長崎市長発言。そして銃撃事件。あれから25年が経過しました。この事件は、その後の日本社会にどう投影されたのでしょうか。元長崎市長・本島等は2014年10月31日、その生涯に幕を閉じました。
銃撃事件25年を振り返り、今一度、平和と民主主義について考えてみたいと思います。

 パネリスト
  ・舟越耿一(本島等追悼≪銃撃事件25年展≫実行委員長・
            長崎大学名誉教授)
  ・矢嶋良一(元平和センター事務局長)
  ・高橋 信(長崎新聞・特別論説委員)
 コーディネーター 平野伸人(平和活動支援センター所長)
 ゲスト 柴田 朴(元長崎市議「天皇の戦争責任」発言の質問者)

 主催:本島等追悼シンポジウム「銃撃事件25年を考える」実行委員会
    長崎市筑後町2-1-4 平和活動支援センター気付

以上

写真は、中国人原爆犠牲者追悼碑の前での故・本島等元長崎市長(右)と李文亮在長崎中国総領事。
 




posted by toratanu21 at 18:40| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

集団的自衛権行使容認に抗議! 被爆地長崎からの訴え(動画のご紹介)

長崎からの訴えです。
平和活動に長年取り組まれてきた三人の方からのメッセージをご紹介します。
ぜひ、ご覧ください。

集団的自衛権行使容認に抗議! 被爆地長崎からの訴え
https://www.youtube.com/channel/UCJsPObflGm2GjMl4q9h9pnA
posted by toratanu21 at 22:57| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

「筑豊炭坑と強制連行の歴史を訪ねて〜」ツアーご案内

皆さま

週刊金曜日でおなじみの漫画家、西岡由香さんから、筑豊の旅のご案内です。
なかなか個人では行けないところを訪ね、また、めったに聞けない話をたっぷり聞き、しかも温泉と宴会をも味わえるという、ゴージャスな旅です。福岡の研究者である金光烈さん、そして当資料館の高實理事長が案内役です。
ぜひぜひ、多くの方ご参加ください!!

(以下案内より。転載大歓迎です!)
**********************************
「筑豊炭坑と強制連行の歴史を訪ねて〜」
日程/3月15日(土)、16日(日)

●予定
3月15日(土)1日目
9時半 長崎駅前 貸切バス(大村ボート前)出発〜田川へ
途中、福津市で金先生乗車
車中お弁当
午後 田川石炭博物館着 金先生のご案内で博物館を含め田川を回る
金先生に、筑豊炭田の史実とその意味(近代日本の歴史的加害責任)をふんだんに語っていただきます。
夕方 温泉施設「日王の湯」着 金先生のお話〜入浴・宴会、宿泊

3月16日(日)2日目
9時半 「日王の湯」出発
飯塚の麻生炭坑跡など見学〜昼食(お弁当)〜夕方長崎着
●参加費 22,000円(全食事つき)3/15の昼(お弁当)、夜(宴会)、3/16朝、昼(お弁当)
●申し込み先 西岡 yukalinkjp@ybb.ne.jp 
(2月末まで)

☆参加費は当日集めます。7日前から前日までのキャンセルは半額、当日キャンセルの場合は全額キャンセル料をいただきますのでご了承ください。
皆さまのご参加よろしくお願いいたします。

西岡由香

案内文を読む
posted by toratanu21 at 00:03| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

「悪魔の飽食」コンサート長崎講演案内

皆さま

ぎりぎりの案内ですみません。
ご存じの方も多いとは思いますが、あの「悪魔の飽食」が組曲となり、コンサートが29日に開催されます。

【混声合唱組曲「悪魔の飽食」は、七三一部隊をテーマに取り上げ、「科学を悪魔に渡してはならない」「永遠の不戦を誓い合って欲しい」という思いを込めて歌い継がれてきました】(案内より)

森村誠一さんと池辺晋一郎さんの作詞作曲というのも期待大です。ぜひ!

(以下、案内より・重複すみません)
20130925093417742.pdf
20130925093443780.pdf

***********************************

期日:9月29日(日)
場所:長崎ブリックホール
   開場:午後1時30分 開演:午後2時 終演:午後4時
入場料:全席自由席 2,500円 (当日3,000円) 6歳以下無料

内容:
http://www2.nim.co.jp/731/

第1部 日中文化交流 太極拳(日中友好協会長崎支部) 二胡演奏(劉福君長崎二胡教室)

第2部 スペシャル対談 
   池辺晋一郎(作曲家)× 森村誠一(作家)

第3部 混声合唱組曲「悪魔の飽食」
   原詩 森村誠一 
   編詩 池辺晋一郎・神戸市役所センター合唱団
   作曲 池辺晋一郎
   指揮 池辺晋一郎 ピアノ 志村泉
   合唱 「悪魔の飽食」を歌う長崎公演合唱団・同全国合唱団


協力:長崎県合唱連盟・長崎のうたごえ協議会
後援:長崎県・長崎市・長崎県中学校文化連盟・長崎県文化団体協議会・長崎県音楽連盟
   中華人民共和国駐長崎総領事館・日中友好協会長崎支部・長崎新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社
   読売新聞社・西日本新聞社・NBC長崎放送・KTNテレビ長崎・NIB長崎国際テレビ
   NCC長崎文化放送・長崎ケーブルメディア・エフエム長崎


混声合唱組曲「悪魔の飽食」第24回全国縦断コンサート長崎公演実行委員会
委員長 本田孝也(長崎県保険医協会会長) 事務局長 岩永崇史(長崎県合唱連盟事務局長)
お問い合わせ 「悪魔の飽食」第24回全国縦断コンサート 長崎公演実行委員会
事務局 長崎県保険医協会内 電話:095-825-3829 E-mail:cantata731@doc-net.or.jp

以上


posted by toratanu21 at 18:36| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会等、もろもろご案内

tuitouhi.gifこれまたいささかぎりぎりのご案内ですが、

8月9日は是非、長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼早朝集会にご参加ください。
爆心地公園の一角にある、長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑の前です。
早朝7時半より、1時間ほどです。お仕事のある方でも参加できるようにと、毎年早朝に行われています。

また、お時間あれば、平和公園内の中国人原爆犠牲者追悼碑もお訪ねください。今年7月、3カ国語での説明板が設置されました。歴史の真実を記してあります。

さらに平和公園の入り口階段脇に防空壕跡が展示されています。横にエスカレーターがありますが、これのおかげで貴重な防空壕跡が一部破壊されました。アメリカが戦後、核シェルターの参考にしたという被爆遺構です。是非、チェックしてみてください。

そして最後に、当日10時から、ピースウィーク市民集会が爆心地公園にて開催されます。国内外、さまざまな人たちが集います。誰でも気軽に参加できる集会です。

あ、前日の8日は、
午後1時から「被爆体験を語り継ぐ会」(講演は下平作江さん)、勤労福祉会館。参加費500円。
また同日午後6時から、オリバー・ストーン監督のシンポジウム「アメリカ史から見た原爆投下の真実」も開催されます。勤労福祉会館で、参加費千円です。(ピースウィーク協賛券持参の方は無料)

というわけで、ほかにも山のようにイベントがありますが、ぜひ上記集会にもお越しくださいひらめき
posted by toratanu21 at 01:53| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

戦争とメディアについての集会ほか(8日)

皆さま

「いま、長崎から戦争責任を考える」ということで、戦争とメディアについて、マスコミ関係者主催の講演とシンポが開催されます。
当資料館理事長の講演や、徐正雨さんの証言ビデオ上映もあります。
一般参加も可能とのこと。ぜひご参加を!

(以下、案内より)
*******************************
核のない世界を! 2011 MIC長崎フォーラム
「いま、長崎から戦争責任を考える」
   
戦争は今も世界中で起き、悲劇は繰り返されています。これまで戦争責任については、「日本の」「軍や官僚の」「メディアの」など、多くの主語のもとに議論されてきました。かつての戦争と侵略の道を振り返り、戦争責任を考えることは、戦争を繰り返さないためにどうすればよいかを考えることにもつながります。今回は在外被爆者問題、朝鮮人・中国人強制連行問題、在日朝鮮人の人権問題に取り組んでいる高実康稔さん(長崎大名誉教授)を基調講演の講師にお迎えしました。
またパネリストとして、昨年『原爆と検閲──アメリカ人記者たちが見た広島・長崎』中公新書を著した繁沢敦子さん(フリージャーナリスト)、地元で報道部では原爆・平和問題に報道に携わってきた石田謙二さん(長崎新聞社生活文化部長)を加えてともに「メディアの社会と歴史に対する責任」について考察していきたいと思います。
 
● 日時:8月8日(月):午後1時30分(受付開始1時)〜6時 
● 会場:サンプリエール4F/長崎市元船町2−4
      TEL:095-822-3390  長崎駅前から徒歩5分
●ビデオ上映:朝鮮人被爆者 徐正雨さんの証言
●基調講演・講師:高実康稔さん(長崎大名誉教授) 「未解決の戦争責任とメディア」
●被爆者の証言:奥村アヤ子さん
●シンポジウム 「いま、長崎から戦争責任を考える」
パネリスト:石田謙二さん(長崎新聞社生活文化部長)、繁沢敦子さん(フリージャーナリスト)
コーディネーター:藤森研さん(専修大学教授)
  ※一般参加無料
  
主催 日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
   長崎マスコミ文化共闘会議
 
*****************************
また、別件ではありますが、
同じく8日夕方6時半より、ピースウィークの一環として、「被爆体験を語り継ぐ会」が開催されます。
在外被爆者の権利回復のために、先頭に立ってたたかってこられた、郭貴勲さんの被爆体験を聞くということです。こちらもぜひ!!

時間:18:30〜
会場:教育文化会館 2F
参加費:500円(共通券もあり)
主催:長崎県被爆二世教職員の会・高校生1万人署名活動実行委員会・ピース89

以上

posted by toratanu21 at 01:11| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

7月9日(土)長崎のイベント3件

7月9日(土)に3つイベントがあります。
時間が重なっていないので、通しで参加も可能です足かわいい

(1)
中国人原爆犠牲者追悼集会 
時間:9:30〜(1時間弱)
場所:平和公園の中国人原爆犠牲者追悼碑前

(2)
反核9の日座り込み
時間:10:30〜11:30
場所:平和祈念像前

(3)
講演会「いま福島第一原発事故を考える
     〜被爆地ナガサキから何ができるか」
講師:振津かつみさん 兵庫医科大学遺伝学非常勤講師
演題:「チェルノブイリのヒバクシャ支援の経験から、
    福島第一原発事故を考える」
時間:13:30〜15:30
場所:教育文化会館401号室
入場料:500円
主催:長崎県被爆二世の会(TEL:095-823-7281)

以上
かわいい
posted by toratanu21 at 08:34| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

アメリカ核被害者証言集会案内

皆さま

アメリカのヒバクシャ、核被害者が、長崎で証言されます。
刻々と被曝者を出しつづけているこの日本で、被爆地のこのナガサキで、彼らは何を私たちに語ってくれるでしょうか。

(以下、案内より)
**********************************
アメリカ核被害者
証言集会
『再びヒバクシャを作らないために』

日時:4月13日(水)午後6時30分より
場所:教育文化会館
入場無料

アメリカ被曝退役軍人の会(RVA)のヒバクシャを招請しました。アメリカの核実験や戦後の長崎に進駐軍として長期滞在し被曝したヒバクシャです。彼らの被曝体験を聞き、彼らの願いを支援するための集会を行います。多数のご参加を期待します。

★リチャード・エリット(会長)
1955年南太平洋で行われたアメリカの核実験に潜水艦母艦の乗務員として参加し、被曝した。2004年、アメリカ退役軍人省から放射線による健康被害を認められた。

★ジョン・バンクストン
1945年9月23日、長崎に上陸。1946年7月8日まで長崎などで警備の任務に就いた。原爆で破壊された長崎医科大学などに露営した。当時の長崎の写真を持っている。

★テリー・ブラデイー
1950年代、アメリカ海兵隊に在籍し、2年間、ネバダ核実験場などで核物質の取り扱いと警備の任務に就いた。この間、14回の大気圏内核実験が行われた。核実験の「死の灰」をあびたり、核物質の取り扱いにより被曝した。

主催:『アメリカの核被害者を招く実行委員会』
    長崎市筑後町2−1平和活動支援センター
      (連絡先FAX番号:095−822−5253)

以上  

posted by toratanu21 at 22:29| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

映画「弁護士布施辰治」上映案内


fuse_ph01.jpg皆さま

ぎりぎりの案内ですみません。

映画「弁護士布施辰治」が上映されます。
 朝鮮独立支援、普通選挙運動等々、「社会の一兵卒」として闘い続けた
 弁護士のドキュメンタリーです。

 期日:3/5(土)11:00からと14:00からの2回上映。
 場所:勤労福祉会館
 観映料:1000円。
 
※高實理事長が推薦人になっています。

 前売券は現在、資料館受付にも少し置いてあります。
 連絡先:長崎県映画センター(095-824-2974)
 内容はこちらを→ http://www.fuse-tatsuji.com/commentary.html

以上

※写真(布施辰治)は上記サイトより。
posted by toratanu21 at 00:23| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

講演「ドイツ市民の反原発運動」ご案内


オイゲンさん.jpg良心的兵役拒否業務をコーディネイトしている独日平和フォーラムのオイゲン・アイヒホルン教授による講演のご案内です。

********************
講演 ドイツ市民の反原発運動

【日時】 2011年3月4日(金)
      10:30〜12:00
【場所】長崎大学環境科学部(文教キャンパス)
           新館242教室
【主催】独日平和フォーラムベルリン
    環境科学部 松田研究室
【問合せ】松田 .095-819-2740
入場!無料

★講演の言語は英語です。通訳あり。

●講師プロフィール
 1944年生。ベルリン応用工科大学教授、専門は数学。大学で広島―長崎ピーススタディコースを開設。独日平和フォーラム(詳細は続きを)の代表であり、日本の作家故・小田実と約20年、活動を共にしてきた。
続きを読む
posted by toratanu21 at 00:37| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする