2016年09月29日

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争(講演案内)

皆さま

明日ですが、「グ・ヨンチョルさんの話を聞く会」が開催されます。
少年の目に映った当時の軍艦島はどのようなものだったか、そしてその後の波乱に満ちた日々とその思いを話していただきます。
ぜひ、この貴重な証言を聴きにおこしください。

(以下、案内より)
************************************
グ・ヨンチョルさんの話を聞く会

場所:教育文化会館 403号室
日時:9月30日(金) 午後6時〜7時30分 

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争

1939(昭和14)年、父親が働いていた軍艦島にやって来て、その後端島国民学校2年から高等科1年まで、6年間家族と共に滞在した具然普iグ・ヨンチョル)さんが71年振りに軍艦島を訪ねます。キョレハナ(民族は一つ)という団体のウルサン支部、チャンオン支部の人々と一緒に来崎します。

 朝鮮の少年に当時の軍艦島の生活がどう映ったか、その実情を話してもらえるだろうと思います。また彼は帰国後パルチザン活動をした人で、朝鮮戦争の休戦協定締結の1年後、1954年4月に釜山で逮捕、無期懲役で収監。1960年李承晩を倒した4・19民主革命により、20年に減刑、1974年釈放。その後は国家保安法と警察の監視の下で苦労してきた非転向長期囚であった人です。

 そんな意味では、韓国の戦後民衆史を担ってきた一人でもあります。韓国の民主化により、90年代になり、韓国の市民運動、組合活動家達の交流も行われ始めました。
韓国の市民運動の人は、「彼の存在は途切れた歴史を結ぶ飛び石の役割をしてくれる。荒々しい激流に沈んだ橋の基盤を支えてくれる飛び石だ」と尊敬に満ちた言葉で表現しています。

 北朝鮮の核実験、韓米(日)の軍事演習など戦争前夜の光景が伝わってきます。グ・ヨンチョルさんの話を聞き、戦後の東北アジアの歴史を振り返ることも意味あることだと思っています。


以上

posted by toratanu21 at 08:17| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする