2014年04月08日

近現代史講座第4期第8回「軍は『民』を守ったか」ご案内

近現代史8回ブログ.jpg
皆さま

いよいよ今期最後の近現代史講座です。
「愛国」を言うとき、権力者の頭の中には何が守るべきものとしてあるのでしょうか。彼ら彼女らのいう「愛国」に乗せられ、最後に盾にされたのは、私たち庶民の命と生活ではなかったのでしょうか。二度とだまされないために、あらためてその事実を直視していければと思います。
ぜひ多くの方、ご参加ください!
***********************************
日本の近現代史 第4期 第8回
軍は「民」を守ったか 〜戦争末期の「満州」・沖縄〜
レポーター  新海智広さん(高校教員)
 日時:2014年4月12日(土)14時〜16時
 場所:長崎市民会館 第3研修室

※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。

【講座概要】
「肉攻」という言葉をご存知だろうか。爆弾を抱えて敵の戦車に体当たりし損害を与えようとする、れっきとした日本軍の戦闘方法のひとつで、1944年に日本陸軍が作成した「対戦車戦闘の参考」に以下の記述がある。

「肉攻の要は我が行動を秘匿し好機に乗じ突如肉迫し、決死の攻撃を行うに在り。之が時は滅私殉 皇の至誠に燃え且つ敵戦車必殺の旺盛なる攻撃精神を以って決死体当たりを敢行し、命を以って 一台の敵戦車と数名の乗員を倒すを要す」

肉攻を「人命軽視」と批判することはたやすいが、ここには深く考えてみるべき事が潜んでいるように思う。アジア各地において日本軍が犯した残虐行為、肉攻・特攻などと称される攻撃や戦場での「玉砕」、民衆による「集団自決」の発生等、かつてのアジア・太平洋戦争における日本の軍事行動、及びそれに付随して発生したさまざまな事象には、それらを貫く本質的な何かがあるのではないか。それはつまり日本軍の本質であり、大日本帝国の──更には現在の日本社会の──本質でもあるような気がする。

2012年12月に成立した第二次安倍内閣は、「戦後レジームからの脱却」を公言し、教育やメディアのコントロールに本格的に介入しはじめている。その目指すところは大日本帝国(→美しい国)への回帰であり、最後の仕上げは日本国憲法の改悪、特に第9条の実質的抹消だろう。「軍なくして、誰が国民の生命や財産を守ってくれるのか」「中国や北朝鮮の軍事的脅威に相応の備えは必要」等の発言が、首肯されるような空気が既に蔓延しつつある。この講座では、住民と軍が一体となった中で地上戦が展開された沖縄と、100万を超える在留邦人が存在した「満州国」の敗戦時の実相を顧みたい。このような時だからこそ、はたして軍は民衆を守ったのか、事実を検証することには大きな意味がある。敗戦直前の、膨大な民衆の死に思いを馳せ、軍と日本社会の本質を考察し、この先日本の進むべき道について考えたい。

以上
posted by toratanu21 at 09:53| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする