2016年09月29日

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争(講演案内)

皆さま

明日ですが、「グ・ヨンチョルさんの話を聞く会」が開催されます。
少年の目に映った当時の軍艦島はどのようなものだったか、そしてその後の波乱に満ちた日々とその思いを話していただきます。
ぜひ、この貴重な証言を聴きにおこしください。

(以下、案内より)
************************************
グ・ヨンチョルさんの話を聞く会

場所:教育文化会館 403号室
日時:9月30日(金) 午後6時〜7時30分 

朝鮮の少年が見た軍艦島、そして朝鮮戦争

1939(昭和14)年、父親が働いていた軍艦島にやって来て、その後端島国民学校2年から高等科1年まで、6年間家族と共に滞在した具然普iグ・ヨンチョル)さんが71年振りに軍艦島を訪ねます。キョレハナ(民族は一つ)という団体のウルサン支部、チャンオン支部の人々と一緒に来崎します。

 朝鮮の少年に当時の軍艦島の生活がどう映ったか、その実情を話してもらえるだろうと思います。また彼は帰国後パルチザン活動をした人で、朝鮮戦争の休戦協定締結の1年後、1954年4月に釜山で逮捕、無期懲役で収監。1960年李承晩を倒した4・19民主革命により、20年に減刑、1974年釈放。その後は国家保安法と警察の監視の下で苦労してきた非転向長期囚であった人です。

 そんな意味では、韓国の戦後民衆史を担ってきた一人でもあります。韓国の民主化により、90年代になり、韓国の市民運動、組合活動家達の交流も行われ始めました。
韓国の市民運動の人は、「彼の存在は途切れた歴史を結ぶ飛び石の役割をしてくれる。荒々しい激流に沈んだ橋の基盤を支えてくれる飛び石だ」と尊敬に満ちた言葉で表現しています。

 北朝鮮の核実験、韓米(日)の軍事演習など戦争前夜の光景が伝わってきます。グ・ヨンチョルさんの話を聞き、戦後の東北アジアの歴史を振り返ることも意味あることだと思っています。


以上

posted by toratanu21 at 08:17| 長崎の平和運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ドイツでの被爆体験講演記事

皆さま

岡資料館では、「ドイツに学ぶ旅」として、この8月27日から9月3まで、ドイツのカールスルーエ、ベルリン、ハノーファー、ニュールンベルク等をめぐってきました。そのなかで、長崎の元教員の末永浩さんが自身の被爆体験を講演しました。その模様が東京新聞に取材されていますのでご覧ください。
※なお、11/23(水・祝)13:00〜15:00にこの視察旅行の報告会を行いますので、是非ご参加ください!
       
核兵器無き世界の実現を 長崎の末永さん、独で原爆体験語る(2016.8.30付 東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201608/CK2016083002000115.html

posted by toratanu21 at 11:24| 資料館あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

「横浜事件を生きて」上映会

横浜事件写真.png
「横浜事件を生きて」上映会

横浜事件は、戦前・治安維持法下の最大の言論弾圧事件と言われ、雑誌編集者や新聞記者約60名が逮捕され、拷問により4名が死亡しました。「横浜事件を生きて」は、当時中央公論社の社員であった木村亨さんの、戦後の名誉回復と国家賠償の闘いを描いたドキュメンタリーです。
既にポツダム宣言を受け入れ、敗戦を迎えたのちの8月下旬から9月にかけて、横浜事件で起訴された約30名の人たちに対し、判決が下されました。全員執行猶予付きの「有罪判決」でした。
明らかな冤罪であり、取調べ段階ですさまじい拷問が行われ4名もの死亡者を出しているのに、法的には「犯罪者」の烙印をおされたままというこの理不尽。1986年から、木村さんが中心となって再審請求が行われました。この「横浜事件を生きて」は、1990年、最高裁判決が出される直前に作られたものであり、その後の第三次再審請求(再審開始を決定した)には触れられていませんが、木村さんの魂の叫びは強く胸を打ちます。特定秘密保護法や安保法制が制定され、政府が再び国民の言論を封殺しようともくろんでいる今日、横浜事件
と真正面から闘った木村さんの姿からは学ぶべきものが多くあります。
kimura.GIF

日時:10月2日(日)開場13:30 上映14時〜
場所:教育文化会館2階・大会議室
料金:資料代として300円(高校生以下は無料)

内容:1・DVD「横浜事件を生きて」上映(60分)
   2・岡記念館展示「弾圧に抗し戦争に反対した人たち」解説
   3・意見交換
以上
posted by toratanu21 at 10:52| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする