2012年10月25日

大久保の渋いスポット☆文化センター・アリラン

スタッフふくだ@東京です。

大久保の文化センター・アリランにお邪魔しました〜exclamation×2
韓流ブーム(ブームというよりもう定着した感じ?)で賑やかな通りに面したビルの8階にある静かな図書館&資料センターです本眼鏡

書棚には、李氏王朝時代の日記(世界記録遺産の『承院政日記』)から、近現代史関連の書籍、絵本などなど、コリアの歴史と文化に関わる書籍や雑誌・資料がどっっっさりあります。蔵書は書庫のものも含めて約5万冊とか。。。

他にも、朝鮮近現代史の研究者でありながら指紋押捺問題などの社会運動にも力を注いだ故・梶村秀樹氏の残した膨大な資料もあり、これは現在、韓国の国家記録院の助成によって電子化され、近い将来誰でもアクセスできる予定だそうです。

日本の歴史や文化、特に近現代史はコリアとの関係を抜きには語れません。放っておいたら散逸してしまう資料や多数の書籍を管理されているこのセンターは、とても貴重な仕事をされていると言えるでしょう。

せっかくなので活用しなくちゃもったいないexclamation×2
コリアの文化・歴史のビギナーも、歴史や国際関係が専門の学生さんも、行かれたら面白いと思いますわーい(嬉しい顔)るんるん

しかもexclamation東ティモールのフェアトレード&オーガニックコーヒーが飲めます。夏場は水出しで、お砂糖もオーガニック黒ハート
うちの資料館もこんなサービスをしたら来館者が増えるかも……?

入館料は、
一般の方 200円
学生・障害者手帳お持ちの方 100円
高校生以下は 無料手(チョキ)
だそうです。

講演会などイベントも時々されてますので、東京近郊の方は是非足を運んでみてくださいダッシュ(走り出すさま)

場所はこちら、東京都新宿区大久保1-12-1 第二韓国広場ビル8F
サイトはこちら
http://www.arirang.or.jp/

ssP1010290.jpg

ssP1010294.jpg



あっ、同じビルの7Fは『高麗博物館』です。こちらも是非るんるん


posted by toratanu21 at 21:43| 資料館あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

アレックス君、久々にあらわる。

アレックスくんブログ用写真.JPG9月27日夜、理事会にひょっこり、懐かしい顔がexclamation

4代目のドイツ良心的兵役拒否者アレキサンダー・ヴァイス(アレックス)君が、久しぶりに元気な顔を見せてくれましたるんるん

日本語も相変わらず流暢で、飄々とした感じは3年前とそれほど変わらず。理事会で意見を求められ、日本語で詳しくネットのことを説明してくれました。で、アナログな理事会メンバーは「ほう、そうなんですかあ〜」状態あせあせ(飛び散る汗)
アレックスと理事会ブログ用.JPG
アレックス君、ゆくゆくは日本で働きたいとのこと。時々は資料館に顔を出してくださいねexclamation×2


かわいいアレックス君のプロフィール:
名前はアレクサンダー・バイス(愛称・アレックス)。
1989年、カザフスタン生まれ。4歳の時に、ドイツのドルトムントに移住。
2009年9月より、当資料館に勤務。4人目の良心的兵役拒否者。趣味は剣道。
posted by toratanu21 at 00:02| 資料館あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

「オレの心は負けてない〜在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい」上映会

ソンシンドさん上映会ブログ.jpg皆さま

韓国との関係もまた、竹島(独島)のことで揺れています。しかしこれも、これまでの日韓の歴史認識の問題、とりわけ「慰安婦」問題について、日本が不誠実な態度を取りつづけてきた背景があります。

1993年に公表された「慰安婦関係調査結果発表に関する内閣官房長官談話」(河野談話)は、日本軍「慰安婦」問題について、軍の関与を認めたものです。
そして今年8月、韓国の李明博大統領が、「慰安婦」問題について改めて正当な解決を日本政府に求めましたが、これに対し、橋下大阪市長や石原都知事、そして安倍自民党総裁が、「強制の証拠はない」「河野談話を見直すべき」などと発言しています。
こうした、性懲りもなく繰り返される妄言に、どれほど、被害者の高齢女性たちが傷つけられ続けていることか。

今回の上映会では、在日の元「慰安婦」宋神道さんのたたかいをとおして、国家間のみならず、人間として、信頼回復の糸口を探ります。

近現代史講座の翌日ですが、どうぞ続けてお越しください!!


「オレの心は負けてない〜在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい」上映会
日時:10/14(日)13:30開場、上映14:00〜16:00
場所:教育文化会館2階大会議室
入場料:大人1000円 学生500円。

※写真は、映画公式サイトより


案内を読む
posted by toratanu21 at 00:11| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

「日中戦争とは、どんな戦争だったのか?」日本の近現代史講座 第3期第2回

日中戦争ブログ.JPG
もう一度学ぼう!日本の近現代史 第3期第2回
 日中戦争とは、どんな戦争だったのか?

レポーター:奥山 忍さん(高校教員)

日時:2012年10月13日(土)14時〜16時
場所:長崎中央公民館 (長崎市民会館正面入口を入って右)

※どなたでも自由に参加できます。参加費(資料代)300円が必要です。


講座概要を読む
posted by toratanu21 at 23:04| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする