2008年09月15日

「戦後日本における朝鮮人強制送還について」講演会&DVD上映会のご案内

大村入国管理センターでは、いまだ60数名の外国人が、人権無視の状況で収容されています。
さかのぼればこの施設がまだ「大村収容所」とよばれていた頃、やむを得ずに日本に「密入国」せざるをえなかった人々は、いったいどんな思いで暮らしていたのでしょうか。

在日朝鮮人の一家やその周辺を取材し、在留特別許可をめぐっての複雑な心模様を取材した、幻のドキュメンタリーが上映されます。
また同時に、東大院生で、大村収容所について調査をしている、若き研究者山本さんの講演と、そして、70年代に調査活動をした、当資料館の高實理事長にもお話をいただきます。

貴重な機会ですので、どうぞ多くの方、おこしください。

(以下、案内より)
********************************
「戦後日本における朝鮮人の強制送還について〜」講演会&
     密航してきた朝鮮人一家のドキュメンタリーDVD上映会

日時:2008年9月20日(土曜日)午後1:00〜4:00
場所:長崎市西坂町 「岡まさはる記念長崎平和資料館」3階
      (電話&FAX:095−820−5600)

講師:山本興正さん(東京大学大学院生)
講師:高實康稔さん(長崎大学名誉教授)

参加費:500円(資料代)

問い合わせ先:アムネスティいさはやグループ
        yukonozaki@yahoo.co.jp(野崎まで)

協力団体「大村入管被収容者を支える会」



続きを読む
posted by toratanu21 at 22:08| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

第6回「日中友好・希望の翼」帰国報告会


翼ひとりめ.JPG
第6回「日中友好・希望の翼」帰国報告会

かなり遅れて申し訳ありません。
第6回「日中友好・希望の翼」帰国報告会の報告です。

9月5日、教育文化会館にて開催された同報告会では、まず高實理事長の挨拶のあと、今回のルートを訪中団長の崎山さんがプロジェクターを使い、様子を説明。
上海や南京での「翼」たちの真剣な顔、長崎で証言してくださった幸存者の方々のお顔も見ることができました。


続きを読む
posted by toratanu21 at 01:02| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする