2008年02月27日

「もう1つの『3・1』を考える集い」ご案内

長崎市で、毎年行われている「もう1つの『3・1』を考える集い」が今年も開催されます。
被爆と加害を考える上で欠かせない、「3・1」という日のもつ意味と意義を、今年もあらためて考えていけたらと思います。

(以下案内より)
***********************
もう1つの『3・1』を考える集い

3月1日はビキニ・デーです。原水爆禁止運動のきっかけとなった忘れられない日です。

しかし、もう1つの視点からみると、植民地であった韓国・朝鮮の人々が、日本からの独立を求めた『3・1独立運動』の記念日でもあります。平和を求めるわたしたちも、この3月1日を2つの視点から考えてみなければなりません。
わたしたちは、このような趣旨で毎年この集会を続けています。

過去の歴史に学ぶことから真の友好関係が生まれます。今回は、「岡まさはる記念長崎平和資料館」の理事長として、あるいは市民運動のリーダーとして活躍されている高實康稔さんにお話していただきます。
過去の歴史とどう向き合うのか、高實さんの話から学びたいと思います。多数のご参加をお願いします。

日時:2月29日(金) 午後6時30分より
場所:教育文化会館
講演:高實康稔さん
演題「歴史認識と日本の現状」
   (歴史認識と日中友好に関する日本の現状と責務
      〜高校生の中国観調査を踏まえて〜)
入場無料

※在外被爆者裁判・最高裁判決報告、中国人強制連行裁判控訴審
 報告もあります。

主催:長崎県被爆二世教職員の会
共催:在外被爆者支援連絡会
   (連絡先:長崎市筑後町2−1、市民運動ネットワーク長崎気付)


posted by toratanu21 at 22:44| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

独日平和フォーラム&ドイツ政府関係者との交流会報告


独日平和フォーラム交流会.jpg先日行われた交流会に参加した理事の福田さんに、当日の報告を書いてもらいました。どうぞご一読を!

*******************
2月24日(日)午後5時より、岡資料館3階会議室にて、独日平和フォーラムとドイツ政府関係者と資料館関係者の交流会を開催しました。

ドイツ側からは独日平和フォーラムのオイゲン・アイヒホルンさん、ドイツ国際青年交流会・ベルリンのアンネ・ジェクリンスキーさん、資料館側からは高實理事長や園田副理事長、崎山事務局長らとロマン君が出席しました。ロマン君と園田さんが通訳を務めてくれましたが、フランス語が堪能なアンネさんとフランス語・フランス文学の教師でもある高實理事長がフランス語で話したりと、独・日・仏・英と四か国語が飛び交いました。

※(写真)二次会は近くの居酒屋でした。ロマン君楽しそう…。
続きを読む
posted by toratanu21 at 23:51| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

中国人強制連行裁判控訴審第2回口頭弁論結審


中国控訴審2回.JPG福岡高裁での、長崎の中国人強制連行裁判の控訴審は、第2回口頭弁論で最終準備書面を陳述して、結審。その後、続いて進行協議がなされました。判決日は未定です。

また、裁判とは別ですが、長崎県で強制連行されたうえ被爆死させられた中国人原爆犠牲者の追悼碑につき、建立支援賛同を募っています。追悼碑は、平和公園のなかに既に敷地を長崎市より提供されることが合意されております。碑文の揮毫は、元長崎市長で、「長崎の中国人強制連行裁判を支える会」代表である本島等さん。
建立には約300万必要ですが、まだまだ不足しております。多くの方の、ご支援ご協力をお願い致します。

賛同金振込先(郵便振替):
名義:支援する会
口座番号:01700-2-112526
連絡先:「浦上刑務支所・中国人原爆犠牲者追悼碑」建立委員会(TEL&FAX:095-822-5253)

※写真は、事後集会で報告する龍田弁護士。



posted by toratanu21 at 00:14| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

中国人強制連行裁判第2回控訴審傍聴支援お願い

去る2月12日、山形地裁は酒田港の中国人強制連行裁判で、強制連行や強制労働の事実認定をしましたが、去年4月の西松裁判の最高裁判決を受けて、「日中共同声明に基づき、原告に裁判上の(損害賠償)請求権はない」として、原告主張を棄却しました。

こういう、「悪行をやったことは認めるが、被害者に損害賠償を請求する権利はない。だから賠償しない」という居直り強盗的詭弁が許されてよいのでしょうか。
悪行をなした事実を認めたならば、まずは当の被害者に謝罪と賠償があるべきです。

こうした非人間的な「論理」を許さず、裁判官に血の通った「判断」をさせるためにも、長崎の中国人強制連行裁判控訴審へ、多くの方の傍聴・支援をよろしくお願い致します!

日時:2月18日(月) 午前11時
場所:福岡高等裁判所

※事前にミニ集会を行いますので、10時30分に高裁の玄関のお堀端に集合ください。また、傍聴後も、弁護士等による報告があります。

以上

posted by toratanu21 at 22:10| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ロマンさんとの交流会報告


ロマン交流会080127.JPGロマン・バラバスさんとの交流会報告です。大変遅くなりすみません。

1月27日(日)午後2時より、岡資料館3階会議室にて、良心的兵役拒否者ロマン・バラバスさんと市民との交流会が開催されました。
茶話会形式で行われた交流会には、元「希望の翼」の大学生たちも含めて20名以上の市民が参加し、様々な側面から話が盛り上がりました。

※写真は交流会のようす。マスコミも多く取材にきました。
続きを読む
posted by toratanu21 at 15:01| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする