2007年09月21日

朗読劇「地獄のDECEMBER(12月)ー哀しみの南京ー」公演ご案内

南京大虐殺から70年。
相変わらず「誇りを持てる国」だ何だという空虚で恥知らずな言葉が、首相候補者の口から出続けています。
こうしたなかで、人間として本当に「恥を知る」ことの苦しみと、そのうえで理解と絆を求めていくことの素晴らしさを描いた「地獄のDECEMBERー哀しみの南京ー」というノンフィクション劇が、この長崎で演じられます。

日本人として、自らの加害責任に真摯に向き合うとはどういうことなのか――。

ぜひ、ご覧ください。

日時:9月27日(木) 開場18:00 開演18:30
場所:NBCビデオホール(桜町電停前)
料金:大人3000円(当日3500円)
   学生2000円(当日2500円)

主催:長崎上演実行委員会
※連絡先は下記にあります。


続きを読む
posted by toratanu21 at 22:49| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

良心的兵役拒否者ロマン・バラバスさん着任、よろしくお願いいたします!


ロマンさんドイツの良心的兵役拒否者ヤネク・ダンさんに続く2人目は、ロマン・バラバスさん(21歳)。出身はあの無差別大量爆撃された都市ドレスデンで、被爆地長崎とのつながりを感じており、当資料館のことは「日独平和フォーラム」の記事などで知ったとのこと。
「軍隊に行って人を苦しめたくない」という思いで兵役拒否し、また、代替地として日本を選んだ理由を聞かれて「日本はめっちゃ面白いからデス」(本人弁)。

すでに9月12日より、勤務を開始しています。日本語(関西訛あり)が堪能で、ピアノも弾くとのこと。
これからどんな活躍をしてくれるのか、乞うご期待!

また、前任者ヤネクさんと同様、ロマンさんの生活費等には皆様のご支援が不可欠です。今後とも、良心的兵役拒否の道を選択した若者を、どうぞよろしくお願いいたします!

(具体的な支援)
支援金:一口1000円(できれば11ヶ月間継続してお願いしたいです)
振込先:郵便振替 01890-5-43935 長崎平和資料館
    ※必ず「兵役拒否支援」とお書きください。
続きを読む
posted by toratanu21 at 20:57| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

「あんにょん・サヨナラ」上映会ご案内

岡まさはる記念長崎平和資料館では、ほぼ毎年1回、フィルム上映会を開催しています。
今回は、「靖国問題」をテーマにした日韓共同制作ドキュメンタリー「あんにょん・サヨナラ」です。
父親が日本軍に徴用され中国で戦死した主人公イ・ヒジャさんは、何も知らされることなく、父親が靖国神社に祀られました。「父の靖国合祀が取り下げられるまで墓石に父の名前を刻めない!」というイ・ヒジャさんの思いを、私たちはどう受け止めたらいいのでしょうか。

戦争美化・戦争遂行のための装置としての靖国神社の問題と、そしてそこに「皇軍の英霊」として一方的に祀られる側の苦痛を知ることは、「美しい」言葉に二度とだまされないために必要不可欠なことでしょう。
多くの方々と、秋の一日、静かに深く歴史をみつめなおす時間を共に過ごせればと思います。。

日時:9月17日(月)※休日  13:30開場 14:00上映開始
場所:チトセピアホール(電話095-842-2700)
料金:一般1000円 学生500円



続きを読む
posted by toratanu21 at 19:58| 主なニュース・ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする