2006年03月28日

長崎の中国人強制連行裁判がついに結審!


中国3人.JPG3月28日午前11時より、長崎の中国人強制連行裁判の第11回口頭弁論が開催されました。

まずは提出された書類の確認がなされ、また、原告側要請の証人尋問は不採用の旨言い渡されて、結審となりました。判決の期日は追って指定するとの事。

法廷には約40人の傍聴者が駆けつけ、原告の李慶雲さんと喬愛民さんの最終意見陳述に聞き入りました。


続きを読む
posted by toratanu21 at 16:18| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

長崎の中国人強制連行裁判支援集会報告


老田さん講演.JPG
3月26日午後2時より、教育文化会館にて、「長崎の中国人強制連行裁判支援集会・老田裕美さん講演会」が開催されました。

※写真は、講演中の老田さん。




続きを読む
posted by toratanu21 at 23:53| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ワールドピースナウ・ナガサキの報告

イラク攻撃から3年目、長崎でも"WORLD PEACE NOW! NAGASAKI"が、3月19日(日)に開催されました。この集会で行われたジャーナリスト玉本英子さん(資料館の会員になっていただきました!)の講演についても、理事の奥山さんが報告をくださいました。

**************************
3月19日ワールドピースナウ・ナガサキの報告

 「イラク攻撃から3年〜『イラクの今』を語る」ということで、今回のゲストは、アジアプレス所属ジャーナリストで、ヒロシマの被爆2世の玉本英子さんによる講演会を、原爆資料館ホールで3月19日に行いました。どれほどの人があつまるのか、主催者側も予測していませんでしたが、被爆者の方々をはじめ、一万人署名活動の高校生や劣化ウラン弾被害者救援募金をおこなっている高校生などの若い世代の姿も見え、約100名の参加者がありました。




続きを読む
posted by toratanu21 at 10:32| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銘心会南京学生の資料館来訪と、「希望の翼」との交流報告

昨年8月に、銘心会の第5次南京友好訪中団に参加した大学生たちが先日来崎し、岡資料館の今年の《日中友好・希望の翼》の大学生と交流を行いました。
交流会に参加した理事の奥山さんから、その交流の模様を報告していただきました。


続きを読む
posted by toratanu21 at 10:14| 資料館あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

中国人強制連行裁判・支援集会参加&口頭弁論傍聴のお願い

いよいよ長崎の中国人強制連行裁判もクライマックスを迎えます。
この2月には、全部で160ページ以上にもわたる、緻密で格調高い最終準備書面が提出されました。
そして、来る3月25日には、原告の李さんと喬さんが来崎され、28日の第11回口頭弁論において最終意見陳述を行われます。

この裁判の勝利にむけて、原告お2人と、中国人強制連行問題研究者として著名な老田裕美さんをむかえた支援集会が開催されます。
ぜひ、多くの方がこの集会へ参加され、また、28日の裁判傍聴に参加されることをお願い致します。

(1)長崎の中国人強制連行裁判裁判支援集会
    ・老田裕美さん講演会
日時:3月26日(日)14:00〜16:00
場所:教育文化会館401号室

(2)第11回口頭弁論
日時:3月28日(火)11:00〜
場所:長崎地方裁判所
内容:原告2名による最終意見陳述他

 ※裁判の後、地裁前で報告集会を予定しています。


続きを読む
posted by toratanu21 at 00:47| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平和推進協会の「言論統制」事件についての経過報告

長崎平和推進協会(推進協)が、登録している協会会員の被爆体験証言者に対し、「国民の間で意見が分かれている政治的問題」として8項目(※下記参照)を挙げ、証言活動のなかで言及しないようにという要請を出したという、
実質上の「言論統制」ともいえる件について、その後の経過を報告します。

※8項目…@自衛隊のイラク派遣、A憲法(9条等)改正、B天皇の戦争責任、
 C有事法制、D原子力発電、E歴史教育、靖国神社、F環境、人権などの問題、
 G一般に不確定な内容の問題(劣化ウラン弾)


続きを読む
posted by toratanu21 at 00:34| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

在外被爆者裁判最高裁傍聴のお願い

海外居住を理由とする健康管理手当打ち切りをめぐり、被爆者が国に未支給分の支払いを求めた2件の在外被爆者裁判(李裁判、広瀬裁判)の集大成ともいえる、最高裁での口頭弁論が4月4日15時、開廷されます。
最高裁においては書面による審理だけが行われるのが通常ですが、今回、最高裁第3小法廷での口頭弁論が開廷されるということで、大きな節目となることが期待されます。
もちろん、長崎からも多くの傍聴者が駆けつける予定ではありますが、さらに、東京近郊のみならず、全国の方が最高裁傍聴に参加されることをお願いします!

 ※4月4日(火)の取り組み

 9:00〜ビラまき(厚生労働省前) 
11:00〜国会内集会(在外被爆者裁判勝利へ向けて集会)
     衆議院第1議員会館・会議室
14:00〜最高裁前・事前集会(最高裁・南門前集合)☆      
14:30〜入廷(韓国/ブラジル/アメリカよりも傍聴予定)
15:00〜口頭弁論
  
 ☆必ず14時に南門前に集合してください。裁判所職員が法廷へ案内するそうです。
 
※口頭弁論終了後、南門前集会

連絡先:長崎在外被爆者支援連絡会
     長崎市筑後町2−1 市民ネット気付
     (T&F:095-822-4098)

続きを読む
posted by toratanu21 at 23:13| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

「被爆体験の継承を考える集い」報告


被爆体験継承を考える会.JPGちょっと遅れましたが、報告です。
先日4日、被災協事務所で開催された「被爆体験の継承を考える集い」は、主催者「被爆体験の継承を考える市民の会」の予想をはるかに上回る人数が集まり、またマスコミも以前とは打って変わって多く取材にあらわれました。

代表の舟越さんが、一昨年に全国平和教育シンポジウムの後援を(財)長崎平和推進協会(推進協)に断られた経過等含めた挨拶をした後、推進協会員でもある森口さんから経過報告がなされ、その後すぐ活発な議論に入りました。
続きを読む
posted by toratanu21 at 11:16| 長崎の戦後補償裁判・運動など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西坂だより42号ができました!


西坂42号.JPG岡資料館の機関紙&広報誌「西坂だより」42号が、3月1日付けで発行されました。

今回の目玉は、巻頭デビューを果した「原ちゃん」こと原理事の「変身〜憧れから現実へ〜」。
これまで、「御大」ばかりが執筆していた巻頭を、軽やかにイメチェンしての登場です。

それに、数年ぶりに復活した「資料館10大ニュース」。これをみるたび、資料館って一年中、何やかやと多彩にゴソゴソやっているのだなとあらためて思います。

他にも、昨年の総会や12月の南京証言集会、新年会の報告等あり、盛りだくさんの内容です。
5日に発送作業が終わりましたので、会員や関係者の皆様もう数日でお手元に届くと思います。
いましばしのお待ちを!

※写真はできたての「西坂だより」42号


posted by toratanu21 at 01:58| 資料館あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする